北海道(利尻島 / 礼文島)

【利尻島の居酒屋】リゾバ中に行った「喰処こぶし」が美味しくてリーズナブル!夜ご飯をどこにするか迷っているなら行くべし!

北海道利尻島にある居酒屋「喰処こぶし」。
私がリゾートバイトで利尻島で過ごした2ヶ月間のうちに行った美味しいお店の1つで、島の人からも「美味しいお店?こぶしだな!」と必ずおすすめされたお店です。

リサ
リサ
こぶしのご飯は美味しくて、なんといってもリーズナブルでボリューミー!

この記事では、そんなこぶしの魅力について紹介していきたいと思います。

利尻島の居酒屋「こぶし」へのアクセス、駐車場、営業時間など

店名 喰処 こぶし
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊本町
営業時間 18:30〜22:00
定休日 月曜日
電話番号 0163-82-1891
駐車場 なし(店の前に停める人が多いです)
アクセス 鴛泊フェリーターミナルから徒歩10〜15分。住宅街の中にあります
口コミ 【たべログ】こぶし

利尻島の居酒屋「こぶし」とは?

引用:ハートランドフェリー公式HPより引用

居酒屋「喰処 こぶし」は、利尻島に昔からある伝統あるお店です。
稚内と利尻島をつなぐフェリー「ハートランドフェリー」の利尻島のページ(上記画像)でも紹介されている、島民行きつけのお店でもあります。

こぶしは、利尻島の海で獲れた新鮮な海鮮を、揚げ物や酢の物にして提供してくれますよ!

リサ
リサ
でも、定休日の前日は早く閉まっちゃうこともあります…!

21時ちょいすぎに行って入れてもらえないことがありました。
島民はもちろん、素泊まりのお客さんも利用する人気店なので、早めに行くか予約してから行くようにしましょう!

利尻島の居酒屋「こぶし」をおすすめする3つのポイント!


約2ヶ月の間、利尻島で過ごしていた筆者()がこぶしをおすすめするポイントをご紹介していきます。

リサ
リサ
「この地域の味を堪能したい!」という人は、夜ご飯はこぶしがおすすめ!

離島だけどリーズナブルなお値段で行きやすい!


こぶしをおすすめする1つ目のポイントは「リーズナブルで行きやすい」ことです。

離島ってやっぱり物価が高いというか…観光地価格なんじゃないの?って思うじゃないですか。
そして入るのを躊躇ってしまったり。

リサ
リサ
でもその心配は無用!

こぶしのお値段は結構リーズナブルなんです!
そして結構ボリューミーです。

利尻島の近海で獲れた海鮮を使っているのもあるのか、お刺身などのお値段も安いと感じました。
「これを地元(筆者は愛知県出身です)で食べると千円以上するけど、この値段なんだ…!」って思いましたね。

利尻島に旅行で来たなら、お値段が高くてもちょっと奮発してもいいかもしれませんが、リゾートバイトで来ている人は値段が高いとちょっと…ってなってしまいますよね。稼ぎに来てるわけだし。

その点、こぶしはリーズナブルなので、リゾバ民にかなりおすすめのお店なのです。

リサ
リサ
とはいえ、お酒をいっぱい飲んだり、めっちゃ食べまくると結構するから注意だよ!

めっちゃ美味しい!


こぶしをおすすめする2つ目のポイントは「めっっちゃ美味しいこと」!!

利尻島の近海で獲れた海鮮を使っているから、新鮮でちょー美味しいんです。
海鮮以外にも、唐揚げが大きくてサクサクで美味しいとか、アスパラをバターで炒めたアスパラバターが美味しいし、もうとにかく美味しいんですよ〜

お店の雰囲気もいい!落ち着きます

残念ながら写真を撮り忘れてしまいましたが、こぶしはお店の雰囲気がよくて落ち着きます。

座敷のお席とカウンターがあって、大体は座敷に通されるのですが、これがもう古き良き居酒屋って感じです。

ちなみに、注文は1番はじめのドリンクオーダーは店員さんにしますが、次からは伝票に自分で書くスタイルとなっています。

まとめ:利尻島の居酒屋「喰処こぶし」はまぐろ納豆とアスパラバターが美味い!食べてみるべし!


写真は島の人におすすめされた「まぐろ納豆」。
初めてこの組み合わせを食べたけど、めっちゃ美味しかった…!

あとは写真を撮り忘れたけどアスパラをバターで炒めた「アスパラバター」の味がちょうどよくて、すごく美味しかったです。

リサ
リサ
ぜひ食べてみて欲しい!

とはいえ、離島のお店ですので、閉まる時間が早かったり、観光シーズン以外はお休み…ということもあるかもしれませんので、行くときは事前に電話して確認するといいですよ。

リサ
リサ
こぶしに行ったら「まぐろ納豆」と「アスパラバター」をぜひオーダーしてみてくださいね!