雑記

iPhone7のバッテリー交換を自分でやって失敗!注意すべき3点まとめ

スマートフォン、iPhone。携帯電話は生活の中で欠かせない存在ですよね。

しかし、しばらく使っていると充電をしてもすぐ充電が無くなるようになってきます。

iPhoneのバッテリーの寿命は大体1年ぐらい。

まだ2年の契約期間内だし…
かといってアップルストアへ行くのは時間かかるし値段も高いし…

リサ
リサ
そう、iPhone7の修理代て高いんですよ!!!

非正規店で直してもらうとしてもiPhone7は最低8800円ぐらいで他の機種より高めだし…うーん…

リサ
リサ
調べてみたら自分でもできるみたいだぞ!

ってなわけで修理キットを注文し、やってみました。

結論から言うとやらかしてしまいiPhoneXRを買うことになってしまいましたが、

自分でiPhone7のバッテリー交換をする修理手順、
修理のときに苦労ししたところを注意点としてまとめてみました
ので

もしやろうと思っている人は気をつけてやってみてください!

iPhoneは精密機器ということを忘れずに!

今回購入した修理キットは自分で修理.comのこちらのキット


iPhone7 バッテリー交換キット

サイトトップページに「分かりやすい説明書つき!!」てなってるのに説明書なかった…。

よく見たら商品ページの下の方についてませんって書いてあります。

リサ
リサ
もっと大きく書いてや…

iPhone7のバッテリー交換を自分でやる手順

説明書が修理キットについていない場合もありますが、
いろんな人がYoutubeで動画で修理風景を載せているので見ながら修理することができます。

こちらが購入したキットの販売会社が出しているyoutubeの動画です。


今回やるのはバッテリー交換なので、カメラやホームボタン、画面と繋がっているケーブル(配線)は外さなくてもできます。

〜やり方 手順〜

1、画面と本体を外す
2、ネジの取りはずし
3、バッテリーの取り外し
4、バッテリーの取り付け
5、全て元に戻したら電源をいれてみる

結構簡単にできますが、少し間違えると再起不能になってしまいます!

自分で修理するときの注意すべきポイントは3つ!

1、iPhone7の画面が外せないこと
2、外したときに勢い余って配線を切ってしまわないように!
3、バッテリーのコネクターは押さえながらプレートをつけて!

どれも自分で直すうえで重要なポイントですが、
1番目の画面を開けることが出来ないところが一番の難所だと思います。

注意点1:iPhone7の画面が外れない!

一番苦労するのが画面が開けれないこと。
外すコツはドライヤーで温めると良いとのこと。
「ちょっと暖かいかも?」ぐらいではなく、「熱ッ」となるぐらいまで温めましょう。

それで外せれば良いですが、
キットに入っている吸盤は小さいので開けられないかもしれません。

そのときはホームセンターなどで売っている大きくて頑丈なやつを購入しましょう。

260円ぐらいで2個入っているものを購入し、
両面に貼り付けてドライヤーで温めて開けることができました。


このとき写真ぐらい開けてヘラを少し入れて防水シールを切りながら開けてます。
ヘラの入れすぎにも注意。カメラやディスプレイ、ホームボタンと繋がっている右側に配線があります。

注意点2:画面を開けるときに配線を切らないように

iPhone7は右側にディスプレイやカメラと繋がってる配線があるので
ガッと開けすぎて配線をちぎってしまったり、ヘラで切ってしまう可能性があります。

赤い丸のところに配線があります。
手直ししようと開けたとき、勢い余って配線をちぎってしまい、再起不能にしてしまいました(涙)

画面を外すのが固いですが、力を入れすぎないようにしましょう!

注意点2:バッテリーのコネクタはおさえながら付ける


バッテリーを新しいものに変えてからコネクターをはめ、このプレートをつけていきますが、
最初のようにカチっとバッテリーのコネクターがはまりませんでした。

はまらないのでコネクターを押さえながらプレートをネジでとめていきましょう。

ズレてしまったままプレートをつけてしまっていたので、
電源を入れようとしてもアップルのリンゴのマークがつけて消えてついて消えて…の通称:リンゴループになってしまいました。

手直ししようともう一度画面を外したときに
勢い余って配線をブチブチブチーーーoh/(^o^)\というパターンで自分で修理するのを失敗しました。

手直ししなくてもいいように一発でキメましょう。

注意すべき3点に気をつけてやれば自分でも出来ます!

1、iPhone7の画面が外せないこと

2、外したときに勢い余って配線を切ってしまわないように!

3、バッテリーのコネクターは押さえながらプレートをつけて!

自分でiPhone7のバッテリー交換をする時に注意すべき点はこの3つでした。

私は、配線をちぎってしまってため非正規店やアップルストアへ修理に持って行くよりも高くついてしまいました。
このように失敗すると自分で修理するより高くついてしまう可能性があります。

1と2は画面を外すための専用のオープナーも1,000円かからずに購入できるので
ちょっと不安だな…と思う方は購入してから自分でやってみてはいかがでしょうか。

修理キットと一緒に交換しても非正規店で買うより安く修理することが出来ますよ!

あと、注意点というほどでもないですが、
バッテリーを貼り付けている粘着テープが強めでなかなか外れないかもしれません。
それもドライヤーで温めながらやってみてください!

私はホームボタンとカメラとディスプレイの部品を購入して
もう一度トライしてみます(チャレンジャー)