八丈島

【体験談】八丈島でリゾキャバしてきた!仕事内容や収入、働いてみて感じたメリットやデメリットなど全てお話しします!

八丈島のリゾキャバが気になっているけど…

買い物はどこでするの?お客さんはどんな人がくるの?

リサぴょん
リサぴょん
実際に約2ヶ月間八丈島でリゾキャバしたリサぴょんです。

具体的な八丈島リゾキャバの収入や生活環境などを詳しくお話ししていきます!

マツコ会議などのテレビ番組でよく取り上げられている「リゾキャバ」。

最近は特に沖縄の宮古島などが取り上げられていますが実は八丈島は「幸せ!ボンビーガール」や「有吉のダレトク⁉︎」などで特集が組まれたことがあるんですよ!

この記事では、そんな八丈島リゾキャバの仕事内容や収入、実際にやってみて感じたメリットやデメリットなどをレポートしていきます。

八丈島のリゾキャバが気になっている人はぜひ参考にしてくださいね。

結論から言うと、八丈島のリゾキャバは、夏に行くとシュノーケリングなどの遊びが、春頃に行くとフリージア祭りなどがあって、超楽しいのでかなりおすすめ!

ちなみに派遣会社を通して求人に応募すると、事前に色々と教えてもらえるので安心して働くことができます

具体的にいうと担当者の方から、お店の雰囲気や寮、生活環境についてや他の女の子の情報、アフターや同伴などについて教えてもらえるのです。

その結果「思ってたのと違う…」といったトラブルなどもなく、安心して現地に向かうことができます。

リゾキャバ求人は「リゾバ.com」以外に、派遣会社グッドマンサービスの「リゾートバイト.com」からも探せますよ!

両方とも無料で登録できるので、両方登録して、より時給が高い方から応募するのがおすすめです!

→ 「リゾバ.com」公式サイトで求人を探す

→ 「リゾートバイト.com」公式サイトで求人を探す

クリックすると好きなところから読めます

八丈島でリゾキャバしてきた!普通の「リゾートバイト」との違いは何?


「リゾキャバ」と普通の「リゾートバイト」の一番の違いは、働く時間帯や職種など

普通のリゾバ求人は、ホテルや旅館、レストランやフロント、裏方業務などのお仕事に派遣されます。

昼間の時間帯に働き、会社員と同じように「6〜8時間+残業」ほどの勤務時間となります。

その一方で「リゾキャバ」は、主に離島などのリゾート地のキャバクラなどで働くナイトワークのお仕事

そのため、勤務時間は19〜20時以降から翌2時までなどの「夜間〜深夜帯の短時間」となります。

つまり、八丈島の普通のリゾートバイト求人はホテルのスタッフ求人などで、リゾキャバ求人は島内のキャバクラやガールズバー、スナックで働くということですね。

もっと具体的な違いをお話しすると普通のリゾバ求人よりもリゾキャバ求人の方が「時給が高め」で、「2週間などの短期間から採用してもらえる」などがあります。

▼ 「リゾキャバ」についてより詳しくまとめました

リゾキャバ(離島キャバクラ)とはどんな仕事?メリット・デメリットも合わせて徹底解説します! 憧れのリゾート地で遊びながら滞在し、お金を稼ぐことができるリゾートバイト。 なかでも、リゾートバイトのナイトワークであるリ...

八丈島のリゾキャバ求人の探し方は2種類

八丈島のリゾキャバ求人の探し方は、

  1. ネットでお店のホームページやSNSなどを探し、問い合わせる方法
  2. 派遣会社を通して求人を探し、応募する方法

この2種類の方法です。

ネットで検索して、お店のSNSやホームページから問い合わせる


1つ目のリゾキャバ求人を探す方法は、ネットで検索して、お店のSNSやホームページからお問い合わせる方法です。

インターネットで求人を検索すると「求人サイトに載っている募集ページ」や「お店の公式ホームページやSNSアカウント」が出てきますよね

そこから直接自分で問い合わせて、お店の人に詳しく求人内容を聞いたり、働く旨を伝えるのです。

直接自分で問い合わせて働くこの方法は、もう1つの「派遣会社を通す」場合よりも時給が高くなるというメリットがあります。

理由としては、派遣会社を挟まないのでマージン(中間手数料)が取られないからです。

しかしその一方で、内容を詳しく聞く、移動する日を決める、分からないことは自分で質問しないと教えてもらえない…など、全て自分の手でやりとりしないといけないため、少し面倒臭いですし、かなり大変です。

また、答えてもらった内容が実際とと異なるという可能性もありますし、新型コロナの影響などの理由から「お店の判断で時給が下がる」などのデメリットもあります。

八丈島のリゾキャバではありませんが、事前に見せてもらった寮の写真と実際が全く違い、めちゃくちゃ汚かった経験があります…

リゾートバイト専門の派遣会社で求人を探す

2つ目の求人を探す方法は、リゾートバイト専門の派遣会社で求人を探し、応募する方法です。

具体的には「リゾバ.comと「リゾートバイト.com」などのサイトから探すことができます。

派遣会社を通して求人に応募するメリットは、担当の人から応募前に現地の環境やお店、寮の雰囲気などを詳しく聞くことができる点です。

派遣会社の担当者は、実際に現地に行き、お店はもちろん、寮なども下見しているため、その担当者さんが見た事実を、良いことも悪いこともきちんと教えてくれます

リサぴょん
リサぴょん
以前とある求人で「寮は結構古いので、お化け屋敷みたいです」と言われたことがありました(笑)

実際に行ったらお化け屋敷と言うほどではなかったけど、古くて超汚くて色々大変でした…

ほかにも働いている期間中も、電話やメールで気にしてくれたので、もし何かあったときには気軽に相談に乗ってくれる環境が整っていると感じましたね。

また時給なども、基本的には応募した時の値段が保証されています。

そのため、初めてリゾキャバをするという人は特に派遣会社を通しての応募の方が安心できますよ。

→ 「リゾバ.com」公式サイトで求人を探す

→ 「リゾートバイト.com」公式サイトで求人を探す

【リゾバ体験談】八丈島のリゾキャバの仕事内容や収入を徹底暴露!

八丈島のフリージア

ここからは、八丈島で約2ヶ月間リゾキャバで働いていた体験談をお話ししていきます。

  1. 仕事内容について
  2. どんな人がお客さんで来るのか
  3. 収入について(いくら貯金できた?)
  4. お酒が飲めない・カラオケが苦手でも働けるのか?
  5. 生活環境について(近くにスーパーや飲食店はあるか?)

この5つのポイントに分けて順番に解説していきますね!

仕事内容は?アフターや同伴はある?

リゾキャバの仕事内容は、普通のキャバクラで働くイメージとほぼ同じです。

仕事内容は、おおまかに「接客(お客さんとしゃべる)」「お酒を作って提供」「(メールやLINEで営業)」この3つとなります。

毎日の仕事の流れをもう少し具体的にいうと、以下のようなという感じ。

  1. 出勤して、お客さんがいなければ待機(このときは携帯を触っていてもOK)
  2. お客さんがきたら「いらっしゃいませ!」と声かけ
  3. ママやボーイさんからどの席に行くか指示を出されるので、その席へいく
  4. 飲み物(お酒)を作ってあげて、お客さんと楽しく会話
  5. 「私もいただいてもいいですか〜?」と自分の飲み物をもらう
  6. ママやボーイ(男性のスタッフさん)の指示で他のテーブルに移動する

ほかにも、

  • お客さんがトイレから戻ってきたら、おしぼりを渡す
  • お酒がなくなってきたら新しく作る
  • タバコを吸うときは火を付けてあげる
  • 灰皿にタバコが2,3本溜まっていたら、新しい灰皿に交換する

などなど、その場みて臨機応変に行動し、おしゃべりしてお客さんを楽しませる感じですね。

カラオケを一緒に歌ったり、合いの手や拍手を入れて盛り上げることもあります!

また、八丈島には遅い時間までやっているガールズバーなどがあるので、お店が終わってからお客さんと一緒に飲みに行くこと(アフター)もありましたよ

ほかにも出勤前にお客さんと一緒にご飯を食べにいき、そのままお客さんと店に出勤する「同伴出勤」もよくありました

リサぴょん
リサぴょん
お店によっては、同伴すると「同伴バック」といっていくらかお給料にプラスされる制度もあります!

どんな人がお客さんで来るの?

お客さんは、

  • 仕事で八丈島に来ている人
  • 地元の人
  • 観光で八丈島に遊びに来た人

などでした。

3月下旬〜4月上旬はフリージア祭という花のお祭りがありますし、夏はダイビングなどのマリンレジャーを楽しみにやってくる観光客のお客さんが多いみたいです。

収入は?いくらぐらい貯金できた?

八丈島のリゾキャバは、時給が大体1,800〜2,200円です。
(勤務日数によって時給が変わるお店もあります)

そして八丈島のリゾキャバ求人のほとんどが、リゾキャバ求人としては珍しくまかないがついています

島内にはコンビニがないこと、お金を使ってしまう観光スポットなども特になかったので、お金を使う機会が全くなく、かなりお金がたまりました

(とはいえ寮費がかかるお店もあるみたいなので、事前に確認するようにしましょう!

リサぴょん
リサぴょん
そんなわけで、八丈島で約2ヶ月間リゾキャバして、貯金した金額は…21万円ぐらいでした!

生活費(日用品と食費や外食代)約4万円ぐらい使ってこの金額です!
(※ちなみに通常ならもっと貯金できるし、稼げます!)

私が働いていた期間は、ドンピシャで新型コロナウィルスの影響を受けてしまい、客足が激減…。

そのため、時給が大幅ダウンしてしまったのです…。

リサぴょん
リサぴょん
今回は派遣会社を通さずに直接応募して働いたのですが、こういうデメリットがあるなあ…と痛感しましたね(絶望)

お酒が飲めない・カラオケが苦手でも働ける?

リゾキャバは、お酒が飲めなくても、カラオケが苦手でも働くことができますよ!

とはいえ、お客さんは”女の子と一緒にお酒を飲むのが楽しい”わけですし、「え?俺ソフトドリンクにお金払うの?」って不快に思ってしまいます。

そのため、たとえお酒を飲んでいなくても「お酒を飲んでる感」を出さないといけません

ソフトドリンクのウーロン茶を飲む場合は「ウーロンハイお願いします」とお酒をオーダーするっぽくしたり!

もし「本当に酒入ってるの?」とお客さんに飲まれそうになったりしたら「潔癖症なんでだめです〜」とか「薄めにいれてもらいました(てへっ」とかって誤魔化すようにしましょう!

また、カラオケが苦手な場合は、もし同じ席に他にも女の子がいたら、その子に歌ってもらったりして自分が歌わないように誘導したりなどなど…。

歌わなくても不快に思われないように、合いの手や拍手を入れて盛り上げるなども大切!

私はカラオケ苦手なのでそうしてました〜!

近くにスーパーや飲食店はある?


八丈島は車で10分圏内の距離に3店舗スーパーがあります!

ほかにも、ドラッグストアや薬局は2店、総合病院や美容院などもありますよ。

もちろん飲食店も豊富で、中華や海鮮系(お寿司とか)、カレーやピザ、蕎麦などいろんなジャンルのお店がたくさんあります。

リサぴょん
リサぴょん
まかないは昼か夜の1食しかありませんが、スーパーで食材を買って自炊したり、どこかに食べに行ったりできるので、食生活には全く困りませんでした!

▼ 八丈島の生活環境を詳しくまとめた記事はこちら

【経験談】八丈島のリゾートバイトの生活環境はどんな感じ?休日の過ごし方は何がある?実際に住んでみた良い点と悪い点も合わせて紹介します 「八丈島」は伊豆諸島の南部の島で、東京・羽田空港から約50分ほどで行くことができます。 かつては「東洋のハワイ」と呼ば...

八丈島リゾキャバで実際に働いてみて感じたメリットとデメリット


次に、実際に私が約2ヶ月の間、八丈島でリゾキャバしてみて感じたメリットとデメリットをお話ししていきます。

八丈島でリゾキャバするメリット
  1. まかないがあり、お金を全く使わない!
  2. 指名やノルマがないので、未経験者でも働きやすい環境が整っている
  3. 八丈島までのアクセスがすごく良い!東京から飛行機で1時間弱!
実際に働いて感じたデメリット
  1. 物価が高い!食材や日用品など全てが地元の倍の値段!
  2. 風が強いので(夏以外は)結構寒いかも!
  3. 良い意味でも悪い意味でも”何もない”!

まかないが出るので、全然お金を使わなかった!

八丈島のリゾキャバは、まかないが出るお店がほとんど。

そのため、お金を全然使わなかったので、お給料のほとんどを貯金することができました!

リサぴょん
リサぴょん
リゾキャバ求人って、普通のリゾートバイト求人よりも時給が高い分、まかないや食費手当などが出ません。

なので、自炊したり外食に行くことになるのですが、スーパーで安く食材を買っても、食費って結構かかりますよね…

前に石垣島でリゾキャバした時は、自炊と外食合わせて1ヶ月で4万円ぐらいかかってました…。

その一方で今回行った八丈島のリゾキャバは、(お店によって変わりますが)昼ご飯か夜ご飯にまかないが出たので、わざわざ外食に行かない限りはお金を使うことがありませんでした

もし外食に行くとしても、お客さんとランチに行くとか、同伴するのであれば、ますますお金がかからないです。

しかも、八丈島(というか伊豆諸島の島々には)コンビニがありません

スーパーや飲食店も20時や21時などの比較的早い時間に閉まるお店が多いため、仕事終わってからコンビニに寄ってしまい、ついつい色々買ってしまう…ということも一切ありませんでした。

なので、私は1ヶ月半いて食費だけでなく、日用品なども合わせて35,000円ほどしか使いませんでした!

リサぴょん
リサぴょん
そのため、1ヶ月半で25万円ほど稼いだお給料のうち21万円を貯金することができました!

※コロナの影響で時給が大幅ダウンしたため、私が行ったときはあまり稼げませんでしたが、通常時ならもう少し稼げると思います!

八丈島のリゾキャバは、リゾキャバ求人としては珍しくまかないが出るため、お金を全然使いません。

またコンビニなどのお金をつい使ってしまうような場所もないため、かなりの金額を貯金することができました。

そのため、料理するのが苦手な人やとにかく貯金したい!という人に特におすすめのリゾキャバ勤務地だと感じました!

指名やノルマなし!未経験者でも働きやすい環境!

2つ目に感じた八丈島でリゾキャバのメリットは「指名やノルマがないため、未経験者も働きやすい環境が整っている」ことです。

リゾキャバは、普通のキャバクラと違いノルマがありません。

とはいえ、お店によっては指名制度があるところが多く、指名バックなどお給料にも関わってくる部分もあります。

なので、結構頑張らないといけない時も出てきます…。

でも、これってリゾキャバを初めてやるって人には、かなり難しいですよね。

お客さんとLINEを交換して「飲みに出てるの〜?飲みにきてよ〜」って営業をかけたりとかは、簡単にできることの1つですが、

  1. 自分のビジュアルがお客さんの好みだったか
  2. 自分が席についた時の雰囲気やトーク内容がお客さんに刺さったか

などなどお客さんの判断で決まってしまう部分も多いと思うんですよね…。

リサぴょん
リサぴょん
そのため、初めてリゾキャバする人には、指名を取るのはかなり難易度が高いです。

その点、八丈島のリゾキャバは指名制度がなかったので、未経験者の人も働きやすい環境だと感じました

(もちろんお店によると思いますし、お客さんに「〇〇ちゃんつけてよ」と指名されるときもありましたよ。)

未経験でのリゾキャバは、右も左もわからなくて不安なことも多いですが、八丈島のリゾキャバは、指名やノルマがないので、とても働きやすい環境なんじゃないかなと思います。

島までのアクセスが良好!東京から飛行機で約50分!

3つ目のメリットは、八丈島までのアクセスがめちゃくちゃ良いことです。東京から飛行機で約50分で行くことができます。


飛行機が飛ぶのは羽田空港で、ANAだけなので値段がちょっと高いですが…、交通費支給な求人がほとんどですし、そもそも羽田空港までのアクセスはかなり良いですよね。

関西や中部地方などに住んでいても、高速バスで東京に行けば交通費を安く抑えることができますよ。

また2日連続でお休みをもらったときなどには東京に遊びに行くこともできます。

「アクセスが悪い場所に行きたくない」「簡単に行ける場所で働きたい」「都会に近いところで働きたい」という人には、八丈島がおすすめです。

実際に働いて感じたデメリットは3つ

対するデメリットは、下記の3つです。

  1. 物価が高め
  2. 風が強いので結構寒い
  3. 良い意味でも悪い意味でも何もない

1番デメリットに感じたのは、物価が高いことです。離島なので、運ぶための費用がどうしてもかかっています。

なので、野菜などの食品はもちろん、洗剤などの日用品が地元の倍ぐらいするお値段でした。

野菜については、毎週水曜日にスーパーの「八丈ストア」が100円セールをやっているので、その日に行けば困りませんでした。

また、日用品は藤巻商店というお店が1番安かったものの「地元だったら、同じものが高くても3分の2ぐらいの価格で買えるなぁ」と感じましたね。

とはいえ、これは事前に地元で日用品などを買って服などと一緒に郵送しておけば、解決できます。

ほかにデメリットとして感じたことは「風が強くて結構寒かった」ことと「良い意味でも悪い意味でも何もない」ことです。

私が八丈島にいたのが冬〜春にかけての季節だったため、風が冷たくてめちゃくちゃ寒かったです。

八丈島は比較的気候が穏やかで暖かいって聞いていたし、気温的には過ごしやすい温度でしたが…。

離島はどうしても風が強いので冷たく感じます。

夏以外に行く人は、上着を1枚持って行った方が良いかもしれません。


そして、八丈島は良い意味でも悪い意味でも何もありません。

自然が多く美しいので、ダイビングや山でのトレッキングなどを楽しむことができますが、雨の日などは本当に何もすることがありませんでした(笑)

リサぴょん
リサぴょん
地元の人に聞いても、観光スポットとかも特にないそうで…

私が興味が持てたのは「廃墟ホテル」巡りをしたりしていました(笑)

八丈島には、かつてのバブル時代に栄えた「ホテルの廃墟が2つ」と温泉が枯渇して「廃業になった廃墟ホテル」などがあります。

リサぴょん
リサぴょん
そのうちの1つは、劇場版トリック2のロケ地にもなった日本三大廃墟の1つ「八丈オリエンタルリゾート」!

※実はこの八丈オリエンタルリゾートは廃墟ではなく”休業中のホテル”らしい!管理人さんに連絡を取って申請すれば、中を見学することができるみたいですよ)

こうやって無理やり廃墟ホテルツアーしたり、島一周ドライブしたりして時間を潰していましたが、観光スポットとかが特にないので、休みの日などにやることが本当なかったです…。

ダイビングできる夏のシーズン以外に行くと、雨天時はマジで何もすることがなくてつまらないかも…?

とはいえ、それはそれで勉強したり、本を読んだり、ゲームをしたりと工夫すればとても充実した毎日を過ごせると思います!(私はPCで仕事してました)

まとめ:八丈島のリゾキャバはお金を貯めたい人やまったり過ごしたい人におすすめ!


八丈島で約2ヶ月間、リゾキャバしてみて、コロナの影響があったり、天候に恵まれない日が多かったりしたものの、八丈島のリゾキャバは「お金を貯めたい人」や「離島でまったり過ごしたい人」などにおすすめだと感じました!

まかないが出ますし、コンビニや観光スポットなどのお金を使うところがほぼないため、全くお金を使いませんでした。なので、みるみるお金が溜まっていきました。

また、夏はダイビングが楽しめますし、そうでなくても八丈富士などの山でトレッキングを楽しむことができます。

そうして都会の喧騒から離れ、まったりと離島ライフを過ごすことができるので、離島ライフをまったり過ごしたいなという人にもおすすめだとも感じましたよ

リサぴょん
リサぴょん
アクセスの良い場所で、まったり過ごしながら「お金を貯めたい!」って人は、八丈島がめちゃくちゃおすすめです!

リゾキャバ求人が多いサイトはこの2つ!

  1. リゾバ.com←求人数が多くてサポートが充実!
  2. リゾートバイト.com←時給が高い!

▼ 八丈島の生活環境について詳しくまとめました

【経験談】八丈島のリゾートバイトの生活環境はどんな感じ?休日の過ごし方は何がある?実際に住んでみた良い点と悪い点も合わせて紹介します 「八丈島」は伊豆諸島の南部の島で、東京・羽田空港から約50分ほどで行くことができます。 かつては「東洋のハワイ」と呼ば...